パラ開会式でタケコプターをなぜ付けているの?翼をイメージしている?

パラリンピック開会式が始まりましたね!

そこで気になるのは花道にいるボランティアの方の防止にタケコプターが付いているのが気になった方もいるのではないでしょうか?

選手が通るたびについつい目がいってしまいませんか?

一体なぜタケコプターなのでしょうか。

今回はパラリンピック開会式でタケコプターをなぜ付けているの?翼をイメージしている?について考察していきます。

スポンサーリンク
目次

パラ開会式でタケコプターをなぜ付けているの?

パラ開会式で花道のスタッフがタケコプターをなぜ付けている理由は現時点ではまだ公開されていません。

分かり次第追記します。

下記に予想とネットの声をまとめています。

パラ開会式でタケコプターを付けているのは翼をイメージしている?

パラ開会式でタケコプターを付けているのは翼をイメージしているのかもしれません。

パラリンピックのコンセプトは「WE HAVE WINGS」です。

コンセプトから「WE HAVE WINGS」→翼→飛行機といったイメージなのでしょうか。

開会式自体も国立競技場に滑走路が現れ空港のアナウンスと共に音楽が流れ選手入場が始まっています。

舞台がエアポートで選手が日本に到着したというのをイメージしたのでしょうかね。

演出としてはイメージしやすくてとてもいいのではないでしょうか。

パラ開会式でヘリコプターを付けている演出の印象まとめ

パラリンピック開会式でヘリコプターを付けている演出の印象をネットの声を調査してみました。

好印象の意見が多いようですね!

スポンサーリンク
目次
閉じる