櫻坂46「五月雨よ」のロケ地(撮影地)は静岡のどこ?10プの場所?

櫻坂46のミュージックビデオのフルサイズ公開がスタートしましたね。

YouTubeで視聴し、ロケ地の景色がとても綺麗で惹かれた方も多いのではないでしょうか。

今回は櫻坂46「五月雨よ」のミュージックビデオが撮影されたロケ地がどこにあるのか、について紹介しています。

また、「10月のプールに飛び込んだ」のMVと同様のロケ地(撮影地)が使われているのかについても調査してみました。

目次

櫻坂46「五月雨よ」のロケ地(撮影地)は静岡のどこ?

櫻坂46 五月雨よ

櫻坂46「五月雨よ」のロケ地(撮影地)が静岡のどこなのかについて紹介します。

ロケ地①:稲取細野高原

ロケ地の1つ目は静岡県箱根町の仙石原にある、稲取細野高原ではないかと思われます。

五月雨よ ロケ地(撮影地) 稲取細野高原
引用元:櫻坂46

こちらのシーンのように「すすき」が映されていますね。

すすきの大群生が有名で「すすき草原」という名所がある高原なんです。

「かながわの景勝50選」「かながわの花の名所100選」にも選ばれている名所で、毎年大勢の観光客が訪れるススキの名所スポットです。

箱根町観光協会公式サイト

かなり有名なスポットとなっていて、毎年山焼きをしていて春には山菜が取れるそうですよ。

五月雨よ ロケ地(撮影地) 稲取細野高原
引用元:櫻坂46

また、この風車の映像からも稲取細野高原であると言えるのではないでしょうか。

ロケ地②:箱根園

ロケ地の2つ目は静岡県箱根町にある、箱根園だと思われます。

ミュージックビデオの一番最後で、センターの天ざがワイヤーで上から降りてくるシーンですね。

箱根園にある水族館の裏手に出て、芦ノ湖を見ると同じ景色が広がっているように見えます。

ロケ地③:芦ノ湖

ロケ地の3つ目は静岡県の箱根町にある、芦ノ湖だと思われます。

Google mapでも確認できますね。

ロケ地④:静岡コンベーションアーツセンター グランシップ(GRANSHIP)

ロケ地の4つ目は静岡県静岡市にある、グランシップ(GRANSHIP)だと思われます。

五月雨よ ロケ地(撮影地) グランシップ
引用元:櫻坂46
五月雨よ ロケ地(撮影地) グランシップ
引用元:櫻坂46

こちらのシーンですね。

背景が暗めなので分かりにくいですが、グランシップ(GRANSHIP)の内装と一緒のように見えます。

グランシップ GRANSHIP
引用元:GRANSHIP
五月雨よ ロケ地(撮影地) グランシップ
引用元:櫻坂46

そのため、このシーンは静岡県の静岡市にある、グランシップ(GRANSHIP)ではないかと思われますね。

櫻坂46「五月雨よ」のロケ地は「10月のプールに飛び込んだ」のMVと一緒?

櫻坂46 五月雨よ

櫻坂46「五月雨よ」のロケ地は「10月のプールに飛び込んだ」のMVと撮影地が一緒と、言えるのではないでしょうか。

幻となった「10月のプールに飛び込んだ」のMVとは?

欅坂46には幻となってしまった、9thシングル「10月のプールに飛び込んだ」という曲があったんです。

「10月のプールに飛び込んだ」のMV撮影を平手が欠席し、後日スタッフからメンバーにシングルが発売見送りになったことを知らされる場面がある。

MOVIE WALKER

『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』という、欅坂46のドキュメンタリー映画でお蔵入りとなったことが明かされていたんですね。

僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46
引用元:欅坂46

当日になって平手さんは現場に来なかった。慌ててスタッフが連絡すると『行きたくない』と……。平手不在で撮影を進めるわけにもいかず、結局その日の撮影はバラシ(中止)になりました。

文集オンライン

「10月のプールに飛び込んだ」のセンターを務めていた平手友梨奈さんが撮影をドタキャンという形で欠席されていたそうです。

その後、「10月のプールに飛び込んだ」は欅坂46としてのラストアルバムに収録されていますがMVが公開されることはありませんでした。

幻となった「10月のプールに飛び込んだ」のMVの撮影地

幻となった「10月のプールに飛び込んだ」のMVの撮影地は上記で紹介した映画内でリハーサルのシーンが公開されています。

その中で、風力発電の風車が見える丘で撮影されていたことが分かっています。

上記でも紹介しましたが、櫻坂46「五月雨よ」ですとこのシーンで風車が映っていますよね。

五月雨よ ロケ地(撮影地) 稲取細野高原
引用元:櫻坂46

場所は静岡県箱根町の仙石原にある、稲取細野高原です。

そのため、「10月のプールに飛び込んだ」のMVの撮影地と同じ場所と言ってもいいのではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる