市原創吾の大学は青山学院!出身高校や中学校はどこ?偏差値は?経歴も!

女優の中条あやみさんとの交際相手として、市原創吾さんに注目が集まっていますね。

市原創吾さんは約34億の資産があると報道されていましたがどこの大学や高校を卒業した人なのか気になりませんか。

今回は市原創吾さんの大学は青山学院で出身高校や中学校はどこなのかや、偏差値について調査してみました。

また、経歴についてもまとめて紹介しています。

目次

市原創吾の大学は青山学院!

市原創吾さんの出身大学について、紹介します。

出身大学は青山学院

市原創吾さんの出身大学は青山学院であることが分かっています。

本稿下部で紹介しますが市原創吾さんが通っていた学部から、青山学院大学の相模原キャンパスに通っていたと思われます。

大学生活は「日本で一番充実した大学生活を送る」という目標を掲げ、アルバイトをしてとにかく楽しんだと言います。

そのため、勉強はほとんどしていなかったそうですよ。

学部は理工学部

市原創吾さんの出身学部は理工学部でした。

現在Webマーケティングの会社に務めているのですがそこからは想像ができない学部ですよね。

理工学部を選択した理由として、下記のように話されていました。

高校時代の選択科目では生物を専攻していました。それを引き続き学べる東京の私立大学と言うと限られてくるので、生物学に関する学科があった青山学院大学を一つの候補と考えていました。

経営ノート

生物に興味があったんですね。

市原創吾の出身高校や中学校はどこ?

市原創吾さんの出身高校や中学校がどこかについて、調査してみました。

出身高校は花巻北高校

市原創吾さんの出身高校は花巻北高校でした。

自身のfacebookで花巻北高校であることを紹介していました。

市原創吾
引用元:facebook

花巻北高校と言えば進学校で、市原創吾さんは東京の大学へ通いたかったため、部活は早めに引退していたそうです。

受験勉強に打ち込むようになってからは自宅で寝る直前まで、勉強に時間を費やしていたということです。

それだけ時間を費やしても結果が上手く出なかったため、市原創吾さんにとっては挫折したと感じる時期だったんだそうですよ。

岩手県花巻市には高校が6校あり、そのうちの2校は専門学校でしたので、上記で紹介した4校が有力なのではないでしょうか。

出身中学はどこ?

市原創吾さんの出身中学校は特定できませんでした。

ですが、市原創吾さんが中学校時代は花巻市に住んでいたことを明かしているので、下記の11校のどこかに通っていたことが分かります。

小学生から高校生までの間は、大谷翔平君の出身でも有名な、岩手県花巻市で育ちました。

経営ノート
  1. 花巻中学校
  2. 南城中学校
  3. 花巻北中学校
  4. 矢沢中学校
  5. 宮野目中学校
  6. 湯口中学校
  7. 西南中学校
  8. 湯本中学校
  9. 東和中学校
  10. 石鳥谷中学校
  11. 大迫中学校

中学校では水泳部に所属し、部長を務めていたと言います。

また、水泳の成績も良かったとのことで、県大会で優勝を果たし、全国大会へ出場していたと言います。

予選で敗退してしまったものの、全国に行けるレベルってすごいですよね。

小学校時代はどのようにお過ごしでしたか?

市原創吾:勉強もスポーツも大好きな優等生であったと思います。ですが、よく通信簿には「落ち着きがない」と書かれていました。

経営ノート

市原創吾の偏差値は?

市原創吾さんが通っていた大学と高校の偏差値を紹介します。

大学の偏差値

市原創吾さんが通っていた青山学院大学理工学部の偏差値は52.5-57.5です。

青山大学の偏差値は63ですので、大学ないでみた場合は比較的入りやすい学部ではありますね。

ですがテストによっては偏差値が60近くにもなるので、難易度は少し高めではないでしょうか。

高校の偏差値:58

市原創吾さんの出身高校である、花巻北高校は偏差値が58です。

花巻市ではトップの進学校なんですね。

ですが、岩手県内で見ると県内では7位の学校で、県内トップの学校は偏差値が69だということでした。

市原創吾の経歴も!

経歴

市原創吾さんの経歴について、紹介します。

STEP
2009年:株式会社サイバーエージェントに入社

広告事業部門に配属され、担当は大手のクライアントでした。

STEP
2015年:広告部門の局長に就任

広告部門の局長に就任したのは市原創吾さんが28歳だった頃です。

STEP
2018年:退職&株式会社AViCを設立

約9年勤務したサイバーエージェントの会社を退職し、市原創吾さん自身の会社(株式会社AViC)を設立されています。

STEP
2022年:東証グロースに上場

会社を立ち上げて4年という速さで、上場を果たしています。

経営者となって、かなり順調な市原創吾さんですね。

けれども、初めは経営者にはなろうと思っていなかったそうなんですよ。

私は30歳になるまで、「社長になる、経営者になる」ということは一切考えていませんでした。

MIDAS

初めに勤務していた会社の取引先の方と再開し、その方が経営者になっていて、会話をする中で刺激を受けたと言います。

今後、市原創吾さんの会社がどのように成長していくのかが楽しみですね。

よかったらシェアしてね!
目次