Vaundy「東京フラッシュ」のロケ地はどこ?曲作りの背景とは?

歌手のVaundyさんの代表曲と言ったら東京フラッシュと思う方も多いのではないでしょうか。

一気に有名になった曲ですよね。

東京を舞台にしていてどこで撮影したのでしょうか?

また、東京フラッシュの作成背景についても紹介します。

スポンサーリンク
目次

Vaundy「東京フラッシュ 」のロケ地はどこ?

vaundy「東京フラッシュ 」のロケ地を紹介します。

ロケ地① 新宿

東京フラッシュは新宿の電話ボックスから始まります。

新宿電話BOX
引用元:公式YouTube

YouTubeで見ると左下が電話ボックスとなっています。

その電話ボックスの右手に「LAD」という看板があります。

ここが「LADミュージシャン」というお店の新宿店となります。

ストリートビューで見てみてもありますね!

電話ボックスとLADミュージシャンの看板があるのが分かると思います。

スポンサーリンク

ロケ地② 新宿

次に店から店へと入って壁をすり抜けたように撮影されている商店街です。

こちらのシーンです。

新宿
引用元:公式YouTube

この右上の看板名が「埼玉屋」というところです。

こちらも調べてみると新宿のおもいで横丁というところにあるお店でした。

他にも「元祖天玉そば」と書かれている看板は上記の地図で見て埼玉屋の上にある「かめや」でした。

ロケ地② 新宿

次にパーキングでの撮影地です。

新宿にあるNPCのパーキングでしたよ。

新宿パーキング
引用元:公式YouTube

これがYouTubeでのパーキングです。

現在のパーキングを調べてみるとまだ駐車場として残ってはいましたが、様子は変わってしまったようですね。

ロケ地④ 浅草

こちらのシーンは分かりやすいですね。

浅草の仲見世です。

浅草仲見世
引用元:公式YouTube

深夜に撮影されたと思われるので人通りもなく、奥行き感がとてもいい感じです。

Vaundy「東京フラッシュ 」の曲作りの背景とは?

「東京フラッシュ 」の曲作りの背景についてを紹介します。

Nulbarichさんが「東京フラッシュに」についてこんなことを言っていました。

「“東京フラッシュ”みたいな曲を作ったら流行るだろうと思って作った」といっていたことがあった

引用元:CINRANET

Vaundyさんは「東京フラッシュに」が流行るだろうと予想して作成していたんですね。

実際のところ流行っているため成功したと言ってもいいと思います。

流行るということは、いろんな人が共通して「ここがいい」と思える部分があるはずじゃないですか。音楽を作るのなら、その部分をキャッチして、自分の形に変換していけないとダメなのかなって思うんです。それで、“東京フラッシュ”(2019年)は作ったんですよね。

引用元:CINRANET

更にVaundyさんは流行る物に対して自分は音楽で表現すると言っています。

アーティストの戦略的考えなのでしょうか。

考えるだけでなく実際に流行らせてしまっているということはVaundyさんの才能かもしれませんね。

スポンサーリンク
目次
閉じる