吉田佳右の学歴&経歴!家族構成は3人?子供の年齢や今後はどうなる?

妻(嫁)を帰らぬ人とさせてしまった可能性があるとして、吉田佳右容疑者が逮捕されましたね。

メタノールを摂取させたと疑われている様ですがどの様な人物なのでしょうか。

今回は吉田佳右容疑者の学歴や経歴について、調査してみました。

また、家族構成は3人なのかや子供の年齢はいくつかについても調べてみました。

目次

吉田佳右の学歴まとめ

吉田佳右容疑者の学歴について、調査してみました。

出身中学校や高校

出身中学校や高校については現時点で詳細が分かっておらず、分かりませんでした。

吉田佳右容疑者は国公立大学へ進学していますので、成績は良かったと思われます。

千葉大学の理系卒業

大学は国公立大学に通っていました。

薬学の知識が豊富だったようですので、薬学部を卒業しているのではと、予想しています。

吉田佳右容疑者の大学については下記の記事でまとめています。

吉田佳右の経歴まとめ

吉田佳右容疑者の経歴について、まとめました。

2007年:第一三共へ入社

大学を卒業した吉田佳右容疑者はそのまま、第一三共へ入社しています。

勉強した知識を活かし、研究員として働いていたようです。

第一三共では新薬の開発を担当していたとのことですので、薬学の知識は十分に理解していた人物であることが分かりますね。

2010年:結婚

v

2010年には帰らぬ人となってしまった妻(嫁)の容子さんと結婚しています。

年齢で言うと28歳前後で吉田佳右容疑者は結婚したことになりますね。

容子さんは第一三共の同期で、吉田佳右容疑者と同様に研究員だったそうです。

2015年:千葉大大学院卒業

2015年に吉田佳右容疑者は千葉大学院を卒業し、博士号を取得していました。

2年間の大学院修士課程での研究教育を経て、創薬研究や医薬品開発に従事できる人材育成を目的とします。

千葉大学

約2年間学ぶとのことですので、2013年から通っていたことが分かりますね。

大学院へは仕事と両立をしていたそうですよ。

2018年:アメリカへ留学

海外

2018年になると、吉田佳右容疑者はアメリカの大学へ2年間、留学をしていました。

留学はポスドクと言われる、博士研究員として海外へ留学していたそうなんです。

大学の教授・准教授や一部の助教は、パーマネント職(任期の定めのない、定年まで在籍できる職)である一方、ポスドクは、1年~長くとも数年程度の任期が定められています。
ポスドクの期間というのは、大学院博士後期課程修了後、大学や研究機関におけるパーマネント職を得るまでの、ある種、短期的なトレーニング期間と考えることができます。
引用元:Acaric

海外留学までして、吉田佳右容疑者は薬学を学んでいたんですね。

周囲には「国内、海外と2回も留学させてもらったので、組織に貢献したい」と仕事に意欲を見せていたという。

読売新聞

帰国後は会社に貢献したいと意欲を見せていたそうですよ。

吉田佳右の家族構成は3人?

吉田佳右容疑者の家族構成は3人です。

上記で紹介した様に、2010年に妻(嫁)の容子さんと結婚されていました。

夫妻には小学生の子どもがいるといい、「お子さんが心配です」と漏らした。

jiji

近所の方によると、2人の間には子供を授かっていたそうです。

性別は男の子で、もし吉田佳右容疑者が妻(嫁)を帰らぬ人としてしまっていたのであれば子供のメンタルが心配ですね。

吉田佳右の子供の年齢や今後はどうなる?

吉田佳右容疑者の子供の年齢や今後がどうなるのかについて、調べてみました。

子供の年齢は8〜11歳?

吉田佳右容疑者の子供の年齢は8〜11歳ではないかと予想しています。

子供と思われる人物と吉田佳右容疑者がマンションへ入っていく様子が紹介されていました。

この映像から、身長もあるようですので、中学年〜高学年ではないでしょうか。

子供の今後はどうなる?

吉田佳右容疑者の子供の今後は親戚に預けられる、もしくは保護施設や養護施設に入ることになるのではないかと、予想しています。

母親は既にこの世を去っていますし、父親である吉田佳右容疑者も逮捕されてしまったとなっては子供がどうなるのかが気になりますよね。

現時点で考えられるのは下記の手段だと、予想されるのではないでしょうか。

  • 母方、もしくは父方の親戚に預けられる
  • 保護施設や児童養護施設に入る

どちらにせよ、実の両親と過ごせなくなると思われますね。

もし、吉田佳右容疑者が犯行をしていたのであれば子供の身の危険も危ないかもしれません。

そのため、どこかへ引き取ってもらうのが一番安全だと思われますね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる