岩寺基晴の実家は銭湯のほのかグループ!父親が社長?場所や料金も!

サカナクションのベーシストである、岩寺基晴さんが不倫をされていたとのことで話題になっていますね。

その報道の中で岩寺さんの実家が札幌の名門企業だとされています。

今回は岩寺基晴さんの実家は銭湯のほのかグループを運営していて、父親が社長なのか調査してみました。

また、ほのかグループの場所や料金についても紹介しています。

目次

岩寺基晴の実家は銭湯のほのかグループ!

野田温泉 ほのか
引用元:のだ温泉 ほのか

岩寺基晴さんの実家は銭湯であるほのかグループを運営していると思われます。

岩寺の実家はホテル事業などを展開する地元・札幌の名門企業

文春オンライン

まず、岩寺基晴さんの実家が札幌にある名門企業だということが分かります。

そこで、札幌にあるとされる基晴さんの実家について調べてみると、実家が風呂屋ということが分かったんですね。

札幌にある風呂屋を調べてみると、「ほのか」と名前のついた「ほのかグループ」というスパリゾートが見つかりました。

ほのかグループ
引用元:ほのかグループ

ほのかグループの会社概要

  • 会社名:株式会社丸新岩寺
  • 設立:昭和46年5月
  • 資本金:5,000万円
  • 代表取締役:高橋祐一
  • 事業内容:温浴施設の営業、飲食店施設の営業
  • 本社:〒006-0013 北海道札幌市手稲区富丘3条2丁目10-43
  • グループ会社:有限会社しんことに温泉
    有限会社森林公園温泉

会社名が「岩寺」となっている!と、いうことに気がつきましたか?

岩寺基晴さんの実家が運営している会社の可能性が高いですよね。

ですが、代表取締役の方は「高橋」という苗字の方です。

ここについて、本当に実家なのか下記でみていきましょう。

岩寺基晴の実家は銭湯ほのかで父親が社長?

野田温泉 ほのか
引用元:のだ温泉 ほのか

岩寺基晴さんの実家は銭湯であるほのかグループだと思われますが、父親が社長ではないようです。

上記で紹介したように、ほのかグループの代表取締役の方は「高橋」という苗字の方です。

では、基晴さんの実家ではないの?と思う方もいるかもしれませんが、よくよく調べてみると、代表取締役の方が変わっていたようでした。

2016年にほのかグループを運営している丸新岩寺と、デザインの会社であるグラフィックホールディングスが事業提携をしていました。

その時の情報で、丸新岩寺が下記のように紹介されていたんですね。

グラフィックホールディングス
引用元:グラフィックホールディングス

株式会社丸新岩寺(本社:北海道札幌市手稲区富岡3条2丁目10-43 代表取締役:岩寺晴夫)との事業提携により、中国徐州市に建設される大型複合リゾート「晴朗谷(チンラングー)」に、飲食施設付温浴施設を開業致します。

グラフィックホールディングス

代表取締役が画像左の「岩寺晴夫」さんになっています。

岩寺基晴さんと同じ漢字も入っていますし、父親の可能性大だと思いませんか。

現在、岩寺晴夫さんは代表取締役を離れてしまっていますが、他の役員をしているのかもしれませんね。

岩寺基晴の実家で銭湯のほのかグループの場所や料金も!

岩寺基晴さんの実家だと思われる、銭湯のほのかグループの場所や料金について紹介します。

ほのかグループの場所

どこ

ほのかグループの運営会社である、株式会社丸新岩寺は札幌に本社があります。

札幌駅から電車と徒歩で30〜40分のところにあるようですね。

株式会社丸新岩寺の組織図的にはスパ事業部の中にほのかグループがあるようです。

ほのかグループは北海道と千葉県に天然温泉や岩盤浴の店舗があるようです。

ほのかグループ
引用元:ほのかグループ
  • 湯処 ほのか
  • ていね温泉 ほのか
  • 苫小牧温泉 ほのか
  • 湯の郷 絢ほのか
  • えにわ温泉 ほのか
  • こみちの湯 ほのか
  • 湯の郷 ほのか 蘇我店(千葉県)
  • のだか温泉 ほのか(千葉県)

すべてで、8店舗あるようですね。

ほのかグループの料金

料金

ほのかグループの入浴料金は各店舗によって違いました。

もし興味がある方は各店舗の公式サイトで確認してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる