木下桃香(サッカー)の出身高校や大学はどこ?偏差値や経歴まとめ

引用元:日テレ・東京ヴェルディメニーナ

木下桃香さんが東京オリンピックの追加登録選手に選ばれ、試合に参加出来る可能性が上がり話題ですよね。

今回追加登録があったことにより、日本女子代表(2021)のメンバーの中で最年少の18歳と若く気になる方もいるのではないでしょうか。

唯一の10代ということで、どのようなプレーを見せてくれるのかが楽しみですよね。

今回はまだ彼女について知らないという方に「木下桃香(サッカー)さんの出身高校や大学、偏差値や経歴まとめ」を紹介します。

スポンサーリンク
目次

木下桃香(サッカー)の出身高校や大学はどこ?偏差値は?

勉強

木下桃香(サッカー)の出身高校や大学、偏差値について紹介します。

木下桃香(サッカー)の出身高校はさいたま市立浦和高等学校

出身高校はさいたま市立浦和南高等学校です。

偏差値は2021年時点で62です。

さいたま市立浦和南高等学校の特徴は埼玉県の県公立高校で初めて人工芝グラウンドを設置していることです。

県公立高校では珍しく、グラウンドがとても広い学校のようですね。

木下桃香さんは高校時代に へ所属していたため、帰宅部だったかもしれませんね。

木下桃香(サッカー)の出身大学は慶応義塾大学の環境情報学部

大学は慶応義塾大学の環境情報学部との噂がありますが、確定できるような情報は見つかりませんでした。

慶応義塾大学の偏差値(2021年時点)は60.0~72.5で環境情報学部は医学部と並び、72.5です。

入試方法は一般とAO入試の両方あります。

実際に慶応義塾大学の環境情報学部へ在籍しているかは分かりませんでした。

ですが、サッカー中心の生活をされていると思いますので、学業との両立は大変そうですね。

木下桃香(サッカー)の経歴まとめ

soccer

木下桃香(サッカー)の経歴をまとめてみました。

2016年 女子U-14 トレーニングキャンプ 

木下桃香さんは2016年に女子U-14トレーニングキャンプに参加しています。

日本サッカー協会が開催しているキャンプで地域・都道府県から選手を選考してメンバーを決めています。

桃香さんはそのメンバーに選ばれていたということで、中学1年の時から注目されていたことが分かりますね。

選手コメントでは3日間のトレーニングの成果を発揮できるよう最後の練習試合で意識し、良かった点と課題を挙げていました。

トレーニングキャンプでしっかりと自分と向き合っていたことが伝わってきていましたよ。

2017年 U-16日本女子代表

U-16日本女子代表として、FIFAU-17女子ワールドカップウルグアイ2018の出場権をかけた3位決定戦に出場していました。

準決勝では敗れてしまっていた日本でしたが、U-16中国女子代表との試合で勝利しています。

木下桃香さんはこの試合でフル出場しており、準決勝の悔しさを引きずらず、チーム全員で声を掛け合うことが出来たとコメントされています。

他にも、もっと貢献できる選手になりたいと意気込みがあり、常に成長を考えているのが伝わってきますね。

2018年 U-17日本女子代表

2018年には国際親善試合アメリカ遠征でU-17日本女子代表として、遠征をしていました。

 U-17アメリカ女子代表には勝利を収めることが出来ない結果となっています。

木下桃香さんはこの遠征で3試合連続でスターティングメンバーとして出場していました。

1度シュートを試みる場面がありましたが、ボールはクロスバーを直撃しゴールには繋がりませんでした。

アメリカ代表は手ごわく、勝利をするのがやはり難しいのですね。

2021年 東京五輪の代表登録選手

2021年に東京五輪の代表登録選手として選ばれました。

コロナ禍のオリンピックで今回限りの特別措置として選手登録できる選手枠が18人から22人に変更されました。

そのため、バックアップメンバーであった木下桃香さんは追加枠に入ることが出来たのです。

追加枠に入ることにより、試合ごとのベンチ入りメンバーを決めることが出来るため、出場チャンスが増えました。

最年少メンバーとしての注目もありますが、オリンピックでのプレーを見てみたい方もいるのではないでしょうか。

出場を期待したいですね!

スポンサーリンク
目次
閉じる