木原龍一の目は斜視?スケートには問題はない?より目がかわいいとの声も

フィギュアスケートのペアダンスで活躍している、木原龍一選手が三浦璃来選手とグランプリシリーズで銀メダルを獲得されましたね。

ペアダンスはシングルに比べて注目される機会が少なく、今回初めて二人を見た方も多かったのではないでしょうか。

とても仲の良さそうな2人ですが木原龍一選手の目が気になった方がいたかもしれませんね。

より目に見えて何か変だな?斜視なのかな?と思った方もいたと思います。

今回は木原龍一選手の目について調査してみました。

  • 木原龍一選手の目は斜視なの?
  • 木原龍一選手の目はフィギュアスケートに問題はないの?
  • 木原龍一選手の目がより目で可愛い声も
スポンサーリンク
目次

木原龍一の目は斜視?

木原龍一選手
引用元:日本オリンピック委員会

木原龍一の目は斜視の可能性が高いです。

木原龍一選手の目は左目が内側により目のようになっているんですよね。

では、斜視とは一体どのような症状なのか見ていきましょう。

斜視には種類があります。

斜視
引用元:白井病院

よく見られる斜視はこの4つです。

木原龍一選手の目が内側により目のようになっているのはこの中の内斜視ではないかと思われます。

斜視
引用元:白井病院

斜視には他にもこのように常に症状が現れていない場合もあります。

そのため気づかれにくい人もいれば常に症状が出ている方まで人によって様々なんですね。

斜視は生まれたあとの乳児~小児期に発症した場合は原因が分からないことが多いようです。

ですが、成人してからもけがや病気によって発症することもあるそうで、いつだれがなってもおかしくないという症状なのですね。

スポンサーリンク

木原龍一の目はフィギュアスケートには問題はない?

木原龍一選手
引用元:フジテレビ SPORTS

木原龍一の目がより目なのは斜視の可能性があることが分かりましたが、フィギュアスケートに問題はなさそうです。

斜視の症状を挙げてみました。

  1. 弱視:視力の発達が悪い
  2. 眼位ずれ:眼球が向いている方向のずれ
  3. 複視:ものが二重に見えること
  4. まぶしがり・片目つむり:屋外に出た際に片目をつむったり、まぶしそうにしたりすること
  5. 立体視ができない:遠近感や立体感覚の低下

    ※斜視の状態によってはどの症状が発症しやすいかは異なります。

慣れてしまうと複視等の症状があったとしても片方の目だけで見るようにし、ズレていることが気にならなくなる方もいるようですよ。

フィギュアスケートでは屋内ですし、木原龍一選手は他の選手と同じように滑れています。

立体感覚がそこまでなくても問題がないようですね。

更に、フィギュアスケート選手には他にも斜視ではないかと言われている選手はいます。

浅田真央選手や山下真湖選手、高橋成美選手とも言われているようですが全く問題の無く滑れているので、斜視であったとしても影響はなさそうですね。

木原龍一のより目がかわいいとの声も

SNS

木原龍一選手のより目がかわいいとの声もありました。

より目に見えるので可愛く見えるようですね。

女性ファンが多いイメージでしたが男性からも人気があるようですね。

スポンサーリンク
目次
閉じる