藤田怜央の小学校はどこ?幼稚園は?経歴も!4歳で都道府県を暗記?

藤田怜央くんが小学3年生(9歳4ヶ月)でプロ棋士の初段になると発表され、世界最小年少記録となりましたね。

9歳でプロ入りとした藤田怜央くんはどこの小学校に通い、育ってきたのか気になりませんか。

今回は藤田怜央くんの小学校や幼稚園がどこだったのかについて、調査してみました。

また、藤田怜央くんが歩んできた囲碁の経歴についても紹介します。

藤田怜央くんについて調査していると、4歳で都道府県を暗記するなど、圧倒的な数字の記憶力が強かったことも判明したので、紹介しています。

目次

藤田怜央の小学校はどこ?

学校

藤田怜央くんの小学校はどこか分かりませんでしたが大阪市内の小学校と、いうところまで判明しました。

小学3年生という、藤田怜央くんが通っている学校名については特定できませんでした。

けれども、藤田怜央くんが大阪市内出身であることは分かっています。

9月1日付けで、世界最年少のプロ棋士になるのは大阪市出身の小学3年生、藤田怜央くんです。

テレビ大阪

そのため、大阪市内の小学校に通っていると予想されますね。

プロ入りとのことで、藤田怜央くんは学校でも有名人になっていそうですよね。

これからも注目を浴びる存在になるとは思いますので、小学校生活は普通の小学生として過ごして欲しいですね。

藤田怜央の幼稚園はどこ?

学校

藤田怜央くんの幼稚園もしくは保育園についても、どこに通っているかは分かりませんでした。

囲碁を4歳から始めたとのことで、幼稚園や保育園で特別な教育を受けていたのかもしれないと思い、どこに通っていたのか調べてみました。

けれども、藤田怜央くんの幼稚園や保育園がどこなのかについては情報がなく、分かりませんでした。

また、囲碁をするようになるきっかけは幼稚園や保育園ではなく、自宅で熱中し始めた、オセロやトランプの影響だったということが分かりました。

4歳半ぐらいからトランプ、オセロにはまり、タブレットに入れたオセロアプリを朝から晩まで行い、親が空いている時間を見つけては「対戦してくれ」と頼みに来ていたそうです。

その量があまりにも多くなり、親も相手しきれなくなっていきます。

そこで町のオセロ教室を探してみたが見つからなかったそうで、「同じ白と黒なのでできるかな」と思い囲碁サロンに連れて行きました。

BMSNEWS

トランプは家で遊べるゲームとして、よくありそうですがオセロはアプリでやっていたとのことなんですね。

”今どき”の方法でオセロにハマり、それが囲碁に繋がったんですね。

そのため、幼稚園や保育園では小学校生活と同様に、普通の園児だったと思われますね。

藤田怜央の経歴を紹介!

藤田怜央くんが歩んできた囲碁の経歴について、紹介します。

4歳6ヶ月:トランプやオセロにハマる

トランプ

4歳半の頃、藤田怜央くんはトランプも好きだったそうですが特に、オセロのアプリにハマったそうです。

父親がiPadにアプリを入れ、藤田怜央くんは寝落ちするまでオセロをやることに夢中になっていました。

相手をしてもらうために朝から父親に相手をしてくれと頼んでいたそうです。

4歳10ヶ月:囲碁サロンに入る

藤田怜央くんがオセロ対戦をして欲しいという、要求に対して相手にしきれなくなったため、囲碁サロンに入れたそうです。

初めはオセロ教室を探していたそうですが見つからず、色が白黒だという理由で、囲碁サロンに通わせてみたんだとか。

これが藤田怜央くんと囲碁との出会いだったんですね。

5歳8ヶ月:アマ初段に

囲碁

囲碁サロンに通い始め、経ったの10ヶ月で、藤田怜央くんはアマ初段になっています。

当時、5歳8ヶ月で幼稚園年中だった時です。

経ったの10ヶ月でアマ初段になっていたなんてすごいですよね。

囲碁に藤田怜央くんがのめり込んでいたことが分かりますが実際、週6で囲碁サロンに通い詰めていました。

小学1年生:日本棋院関西総本部の院生に

小学1年生になる頃には本棋院関西総本部の院生になっていました。

プロ候補生が本棋院関西総本部の院生になれるそうで、プロとの囲碁を初めはハンディ有りで勝負していたそうです。

小学生2年生になる頃にはハンディ無しでもプロに勝てるような実力がついていたというので、驚きですよね。

藤田怜央くんの成長力がかなり、いいことが分かります。

小学3年生:史上最年少の9歳4カ月で囲碁プロ棋士の初段に

小学3年生で、史上最年少の9歳4カ月で囲碁プロ棋士の初段になることが決定しました。

2022年の9月1日から、囲碁プロ棋士の初段として採用されると関西棋院が発表しています。

囲碁の関西棋院は十七日、大阪市の小学三年、藤田怜央(れお)君(9つ)を九月一日付でプロ(初段)として採用すると発表した。

中日新聞

藤田怜央くんは英才採用特別試験(12歳未満限定)を2022年の7月に受け、見事基準に達していたということなんですね。

今後の目標は「世界一」「七冠」を達成することだそうですよ。

これからの活躍が楽しみですね。

藤田怜央は4歳で都道府県を暗記していた?

どこ

藤田怜央くんは4歳で都道府県を暗記していたそうです。

まだ4歳のうちに都道府県を覚えてしまうなんてすごいと思っていましたが他にも、数字に関する記憶力がすごかったそうですよ。

  • 1歳で大阪市営地下鉄・御堂筋線や谷町線の全駅名を暗記
  • 4歳で47都道府県を面積の大きい順に暗記
  • 米国デスバレーでの世界最高気温記録56.7度や最低記録を暗記
  • 近畿2府4県それぞれの気温の最高・最低記録を暗記

1歳で驚くべき暗記力を発揮していますね。

藤田怜央くんは数字に関する記憶が圧倒的に強いことが分かります。

この記憶力を活かして囲碁に生かしているのかもしれませんね。

今後の活躍に期待したいですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる