佐々木朗希の高校での成績や球速まとめ!身長は?登板回避させた監督は誰

ロッテの佐々木郎希選手が完全試合をするなど、活躍ぶりが注目されていますね。

高校3年生時に甲子園の1歩手前で出場を逃していたことは賛否両論あり、話題になっていた記憶が新しい方もいるかもしれません。

そんな佐々木選手ですが、高校3年間でどのような成績を収めていたのか気になりませんか。

今回は佐々木朗希の高校での成績や身長、球速はいくつだったかについて紹介します。

また、高校3年生で登板回避させた監督は誰だったのかや、その監督とのエピソードについても調査してみました。

目次

佐々木朗希の高校での成績まとめ

佐々木朗希選手の高校での成績について、まとめて紹介します。

1年:デビューで注目を浴びる

佐々木郎希
引用元:full-Count

佐々木郎希選手は岩手県立大船渡高等学校に入学し、早速1年の夏からベンチ入りを果たしています。

「中学の野球が楽しくて。その仲間と一緒に甲子園に行きたい」と強豪私学には進学せず、地元の大船渡を選んだ。

日刊スポーツ

私立の強豪校には誘いがあったそうですが、中学の仲間と甲子園を目指すために地元の高校に入学されていたんですね。

佐々木郎希選手にとって、中学野球のメンバーとの関係性が良かったことがわかります。

デビュー戦

高校野球岩手大会の2回戦目で8回2死二、三塁から公式戦初登板が佐々木郎希選手のデビュー戦となりました。

高校入学から僅か3ヶ月で140キロ以上の球を投げていたことから、衝撃のデビューとなっていたんですね。

2年:高校2年生最速の「157キロ」を計測

高校2年生になると、その年の高校生で最速記録を出し、注目されました。

高校2年生最速となる「157キロ」を計測した。県大会初戦・盛岡三戦に先発した佐々木は立ち上がりから150キロ台を連発し、ついに1回表に「157キロ」を計測

高校野球

この記録を出したのは高校2年の秋です。

高校2年の夏の大会で154キロを二回記録していました。

3年:夏の大会の決勝で登板回避と甲子園を逃す

佐々木郎希
引用元:日刊スポーツ

高校3年生となった佐々木郎希選手は既に、スポーツ界で知られるような選手になっていました。

佐々木郎希選手へより注目が集まったのが、夏の大会での活躍と甲子園を逃したことではないでしょうか。

当時はかなり注目を浴びていました。

夏の大会の決勝で登板回避と甲子園を逃す

夏の大会の決勝の相手は花巻東高等学校で、大谷翔平選手の母校でもある強豪校でした。

佐々木郎希選手初め、大船渡高校の野球部は準決勝で完封勝利を収めて甲子園出場まであと一歩のところまで来ていました。

ですが、佐々木郎希選手は登板回避となり、1投も投げないまま2-12(花巻東-大船渡)で試合は終了。

相手チームどころか、大船渡高校の選手までもが驚いた状況でした。

佐々木郎希
引用元:full-Count

「監督の判断なので、しようがないです。高校野球をやっていたら、試合に出たい。投げたい気持ちはありました」

JIJI

試合直後に佐々木選手は投げたい気持ちはあったが、監督の判断だから仕方ないというコメントを残しています。

中学の仲間と公立でも甲子園に行くと願った佐々木郎希選手にとって、試合に出場も出れず、不完全燃焼だったかもしれませんよね。

「歩き方を含めた彼の様子を見て、決めました。高校3年間で一番、ケガのリスクがあるな、と。球が速い彼の場合、肩やヒジだけでなく、身体のどこに故障が出てもおかしくないですから」

ポストセブン

当時の判断を監督は怪我のリスクを回避するために独断で決定したと言います。

佐々木郎希
引用元:full-Count

血液検査の結果や骨密度を測る限り、彼の成長は止まっていなかったと思います。成長期に分泌されるような物質が血液の中にありましたから。

ポストセブン

実際に当時、佐々木郎希選手は成長期の途中で160キロ近くの球に耐えられる体ではなかったと言います。

そのため、将来に希望のある選手だが、故障の可能性が高かったため、郎希選手の未来を確実に守る判断をしてたのかもしれませんね。

ですが、夏の大会前に多くのスカウトマンから注目を浴びていた佐々木郎希選手であったために、監督への批判が止みませんでした。

U-18 高校日本代表に選出

高校3年生の6月、佐々木郎希選手はU-16の高校日本代表に選出されていました。

高校日本代表の先行合宿で高校最速の163キロを記録し、ここでついた名前が「令和の怪物」だったんですね。

韓国戦に先発し、右手中指の血豆で1イニングで降板した佐々木朗希投手はベンチで声援を送った

full-Count

世界デビューとなった試合で郎希選手が出場したのは韓国戦の1イニングのみだったんですね。

佐々木郎希
引用元:full-Count

「こういう雰囲気の大会を経験できてよかったです。これからにつながる経験ができたと思います」「機会があればまた着たいです」

full-Count

ですが、佐々木郎希選手はしっかり、日本代表という今後に活かせる経験ができたようですね。

佐々木朗希の高校での身長や球速はいくつ?

佐々木郎希
引用元:毎日新聞

佐々木朗希選手の高校での身長や球速はいくつだったのかまとめました。

佐々木朗希の高校での身長:3年で4cm伸びた

佐々木郎希選手の高校での身長についてまとめました。

  • 高校1年:186cm/71kg
  • 高校2年:189cm/81kg
  • 高校3年:190cm/80kg後半

佐々木朗希の高校での球速:最高163キロ

佐々木郎希選手の高校での球速についてまとめました。

  • 高校1年夏の大会:147キロ
  • 高校2年夏の大会:154キロ
           秋:157キロ
  • 高校3年専攻合宿:163キロ

佐々木朗希の高校で登板回避させた監督は誰だった?

國保陽平監督
引用元:ポストセブン

佐々木朗希の高校で登板回避させた監督は國保陽平監督です。

上記でも紹介したように、高校最後の夏の大会で佐々木郎希選手の登板回避判断をしています。

國保陽平監督は佐々木選手から決勝で起用するかどうかについては話していなかったと言います。

「『甲子園に行きたかったです』とも『投げなくて良かったです』とも聞いていません。本心を僕にぶつけることが、僕にとって酷だと気を遣ってくれているんだと思います」

ポストセブン

監督の予想では気を遣って話さなかったのだろうと予想もしていました。

郎希選手は監督の指示だったためと、特に怒りがあるようなコメントはされておらず、大人な対応をされていました。

自分の将来を思ってくれての判断があるが、甲子園に挑戦したかったと郎希選手は非常に複雑な思いだったかもしれませんね。

何が正解か分からなかった決勝での登板回避のモヤモヤはずっと残りそうですが、プロとしての今後の活躍を期待したいですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる